hamigaki.png

前のページ 上に戻る ホーム 次のページ

インストール

Hamigaki.Audioを利用する場合、ライブラリのビルドが必要になる。ビルドにはBoost.BuildのVersion 2 (以下、BBv2) を使用する。

BBv2でビルドする際は、bjamの環境設定ファイルで次のグローバル変数を定義する。

変数 意味 既定値
NO_ASIO 1にするとASIOサポートを無効にする -
HAVE_ASIO 1にするとASIOサポートを有効にする -
ASIO_INCLUDE ASIO SDKのヘッダファイルのあるディレクトリ -
NO_DXSDK 1にするとDirectXサポートを無効にする -
HAVE_DXSDK 1にするとDirectXサポートを有効にする -
DXSDK_INCLUDE DirectXのヘッダファイルのあるディレクトリ -
DXSDK_LIBPATH DirectXのライブラリファイルのあるディレクトリ -
NO_OGG 1にするとOggサポートを無効にする -
OGG_BINARY liboggバイナリの拡張子を除いた名前。UNIXでは接頭辞libを省略する。 ogg
OGG_INCLUDE liboggのヘッダファイルのあるディレクトリ -
OGG_LIBPATH liboggのライブラリファイルのあるディレクトリ -
OGG_SOURCE liboggのソースコードのあるディレクトリ(ソースからビルドする場合) -
NO_VORBIS 1にするとVorbisサポートを無効にする -
NO_PULSE_AUDIO 1にするとPulseAudioサポートを無効にする -
HAVE_PULSE_AUDIO 1にするとPulseAudioサポートを有効にする -
PULSE_AUDIO_INCLUDE PulseAudioのヘッダファイルのあるディレクトリ -
PULSE_AUDIO_LIBPATH PulseAudioのライブラリファイルのあるディレクトリ -
VORBIS_BINARY libvorbisバイナリの拡張子を除いた名前。UNIXでは接頭辞libを省略する。 vorbis
VORBISFILE_BINARY libvorbisfileバイナリの拡張子を除いた名前。UNIXでは接頭辞libを省略する。 vorbisfile
VORBISENC_BINARY libvorbisencバイナリの拡張子を除いた名前。UNIXでは接頭辞libを省略する。 vorbisenc
VORBIS_INCLUDE libvorbisのヘッダファイルのあるディレクトリ -
VORBIS_LIBPATH libvorbisのライブラリファイルのあるディレクトリ -
VORBIS_SOURCE libvorbisのソースコードのあるディレクトリ(ソースからビルドする場合) -

設定例は次のようになる。

# グローバル変数を設定するため、ルートモジュールに入る
module
{
    HAVE_ASIO = 1 ;
    HAVE_DXSDK = 1 ;

    ASIO_INCLUDE = C:/tools/asiosdk2.1/common ;
    OGG_INCLUDE = C:/tools/libogg-1.1.3/include ;
    OGG_LIBPATH = C:/tools/lib ;
    VORBIS_INCLUDE = C:/tools/libvorbis-1.1.2/include ;
    VORBIS_LIBPATH = C:/tools/lib ;
}

ツールセット毎にライブラリを使い分けたい等の細かい制御が必要な場合は、環境設定ファイルで次のbjamターゲットを定義する。

ターゲットID 意味
/asio//headers ASIOヘッダファイル
/directx//sdk DirectX SDK(ヘッダとライブラリのパス)
/directx//dsound DirectSoundライブラリ
/ogg//ogg liboggライブラリ
/pulse_audio//pulse-simple pulse-simpleライブラリ
/vorbis//vorbis libvorbisライブラリ
/vorbis//vorbisenc libvorbisencライブラリ
/vorbis//vorbisfile libvorbisfileライブラリ

なお、MinGWおよびcygwin用のDirectXヘッダーファイルとインポートライブラリはSDLのサイトから入手できる。

製作著作 © 2006-2008 Takeshi Mouri

前のページ 上に戻る ホーム 次のページ