hamigaki.png

前のページ 上に戻る ホーム 次のページ

Bjamのオプション

書式
Bjamコマンドのオプション
BBv2のオプション

書式

bjam [options] [properties] [targets]

options

「-x」形式のオプションはBjamコマンドのオプションであり、「--name」形式のオプションはBBv2のオプションである。

properties

プロパティを「フィーチャー=」の形式で設定する。toolsetやvariantのようなimplicitフィーチャーは「フィーチャー=」を省略できる。また、値を複数設定する場合は「,」で区切る。

さらに、「プロパティA/プロパティB」のようにすることで、プロパティAが使用される場合のみプロパティBを設定するよう指定できる。

プロパティ 意味
gcc debug gccでデバッグビルドを行う。
link=static/shared スタティックライブラリと共有ライブラリを共にビルドする。
gcc/debug/threading=multi gccでマルチスレッド用にデバッグビルドを行う。
gcc/debug msvc/release gccでデバッグビルドを、VisualC++でリリースビルドを行う。
gcc/toolset-gcc:flavor=mingw,cygwin MInGWとCygwinのgccでビルドする。
targets

ビルドするターゲットをターゲットIDで指定する。既定ではexplicit指定されていない全てのターゲットをビルドする。

ターゲットcleanは--cleanオプションと同じ働きを持つ。

Bjamコマンドのオプション

-a

全てのターゲットを再構築する。

-d n

デバッグメッセージの出力レベルをnに設定する。

  1. 非quiet属性のアクションを表示する(既定)

  2. quiet属性のアクションとアクションのコマンド文字列を表示する

  3. ターゲットの依存関係を表示する

  4. JAMSHELL変数に関するメッセージを出力する

  5. Jamスクリプトの評価内容を出力する

  6. ディレクトリやヘッダファイルの走査結果を出力する

  7. 変数の設定値を出力する

  8. 変数の展開結果を出力する

  9. 字句解析の結果を出力する

  10. プロファイル情報を出力する

  11. YACC(bison)のデバッグメッセージを出力する

  12. 依存関係の有向グラフを表示する

  13. ターゲットの更新状態を表示する

-d +n

出力レベルnのデバッグメッセージのみ出力する。

-d 0

デバッグメッセージの出力を抑制する。

-f jambase

組み込みのビルドスクリプトを使用する代わりに、jambaseを使用する。

-j n

n個のビルドコマンドを平行して実行する。

-l n

ビルドコマンドの実行時間をn秒に制限する。

-n

実際にビルドを行う代わりにビルドコマンドを表示する。

-o file

ビルドコマンドをfileに出力する。

-q

ターゲットのビルドに失敗したら、他のターゲットのビルドを続行せずに終了する。

-s var=value

グローバル変数varの値をvalueに設定する。

-t target

targetとそれに依存するターゲットを再構築する。

-v

bjamのバージョンを出力して終了する。

BBv2のオプション

--clean

ターゲットをビルドする代わりに削除する。

--clean-all

外部プロジェクトも含め、全てのターゲットを削除する。

--version

BBv2とBjamのバージョンを表示し、終了する。

--help

ヘルプメッセージを表示し、終了する。

--help module-name

モジュールmodule-nameのヘルプコメントを表示し、終了する。

--help module-name.rule-name

ルールmodule-name.rule-nameのヘルプコメントを表示し、終了する。

--debug-configuration

モジュールの設定に関するデバッグメッセージを表示する。

--test-config=file

site-config.jamuser-config.jamの代わりにfileを使用する。

--site-config=file

site-config.jamの代わりにfileを使用する。

--user-config=file

user-config.jamの代わりにfileを使用する。

--toolset=name

ツールセットnameを自動設定して、ビルドに使用する。

--verbose-test

unit-testモジュールを利用した単体テストで成功時にも標準出力/エラー出力の内容を表示する。


前のページ 上に戻る ホーム 次のページ