hamigaki.png

前のページ 上に戻る ホーム 次のページ

高度なトピック

カスタムメンバ

カスタムメンバ

次の構造体は、Microsoft Windowsのddsファイルで用いられるDDPIXELFORMAT構造体である。

typedef struct _DDPIXELFORMAT
{
    DWORD dwSize;
    DWORD dwFlags;
    DWORD dwFourCC;
    union
    {
        DWORD dwRGBBitCount;
        DWORD dwYUVBitCount;
        DWORD dwZBufferBitDepth;
        DWORD dwAlphaBitDepth;
        DWORD dwLuminanceBitCount;
        DWORD dwBumpBitCount;
    };
    union
    {
        DWORD dwRBitMask;
        DWORD dwYBitMask;
        DWORD dwStencilBitDepth;
        DWORD dwLuminanceBitMask;
        DWORD dwBumpDuBitMask;
    };
    union
    {
        DWORD dwGBitMask;
        DWORD dwUBitMask;
        DWORD dwZBitMask;
        DWORD dwBumpDvBitMask;
    };
    union
    {
        DWORD dwBBitMask;
        DWORD dwVBitMask;
        DWORD dwStencilBitMask;
        DWORD dwBumpLuminanceBitMask;
    };
    union
    {
        DWORD dwRGBAlphaBitMask;
        DWORD dwYUVAlphaBitMask;
        DWORD dwLuminanceAlphaBitMask;
        DWORD dwRGBZBitMask;
        DWORD dwYUVZBitMask;
    };
} DDPIXELFORMAT;

DDPIXELFORMAT構造体では、タグ名のない共用体が使われているため、dwRGBBitCountなどのメンバポインタを取得できない。

このような場合は、memberの代わりに次のようなカスタムメンバを用意することで対処できる。

struct dd_pixel_format_u1
{
    typedef ::DDPIXELFORMAT struct_type;
    typedef ::DWORD member_type;

    static const hamigaki::endianness endian = hamigaki::little;

    // binary_read()用
    ::DWORD& operator()(::DDPIXELFORMAT& x) const
    {
        return x.dwRGBBitCount;
    }

    // binary_write()用
    ::DWORD operator()(const ::DDPIXELFORMAT& x) const
    { 
        return x.dwRGBBitCount;
    }
};

namespace hamigaki
{

template<> struct member_size< ::dd_pixel_format_u1> : boost::mpl::size_t<4> {};

} // namespace hamigaki

ここで、struct_typeは構造体の型、member_typeはフィールドの型、endianは出力時のエンディアンである。2つの関数呼出し演算子は、入出力の際にメンバへアクセスするために用いられる。

また、カスタムメンバにはメタ関数member_sizeの特殊化を用意しなければいけない。member_sizeは、memberやカスタムメンバを引数として、そのメンバのバイナリサイズをboost::mpl::size_tで返すメタ関数である。

こうして用意したカスタムメンバはmemberpaddingと同様にstruct_traitsmembersの要素として用いることができる。

製作著作 © 2006, 2007 Takeshi Mouri

前のページ 上に戻る ホーム 次のページ