hamigaki.png

前のページ 上に戻る ホーム 次のページ

Class abnormal_exit

hamigaki::coroutines::abnormal_exit —

未捕捉例外のためコルーチンが異常終了したことを示す例外クラス

Synopsis

class abnormal_exit : public std::exception {
public:
  // construct/copy/destruct
  explicit abnormal_exit(const std::type_info* = 0);

  // queries
  virtual const char* what() const throw();
  const std::type_info& type() const;
  const std::type_info* type_ptr() const;
};

Description

abnormal_exit construct/copy/destruct

  1. explicit abnormal_exit(const std::type_info* p = 0);
    Throws: なし
    Postconditions: type_ptr() == p

abnormal_exit queries

  1. virtual const char* what() const throw();
    Returns: 未捕捉例外がstd::exceptionかその派生クラスであれば、type().name()を返す。それ以外の場合は、その旨を示す文字列を返す。
    Throws: なし
  2. const std::type_info& type() const;
    Returns: 未捕捉例外がstd::exceptionかその派生クラスであれば、その型情報を返す。それ以外の場合は、unknown_exception_tagの型情報を返す。
    Throws: なし
  3. const std::type_info* type_ptr() const;
    Returns: 未捕捉例外がstd::exceptionかその派生クラスであれば、その型情報のポインタを返す。それ以外の場合は、0を返す。
    Throws: なし
製作著作 © 2006-2008 Takeshi Mouri

前のページ 上に戻る ホーム 次のページ