hamigaki.png

前のページ 上に戻る ホーム 次のページ

Class context

hamigaki::process::context —

子プロセスに受け渡す情報を保持する。

Synopsis

class context {
public:

  // modifiers
  void stdin_behavior(const stream_behavior&);
  void stdout_behavior(const stream_behavior&);
  void stderr_behavior(const stream_behavior&);
  void work_directory(const std::string&);

  // queries
  stream_behavior stdin_behavior() const;
  stream_behavior stdout_behavior() const;
  stream_behavior stderr_behavior() const;
  std::string work_directory() const;
};

Description

context modifiers

  1. void stdin_behavior(const stream_behavior& b);
    Effects: 標準入力の振る舞いをbに設定する。
  2. void stdout_behavior(const stream_behavior& b);
    Effects: 標準出力の振る舞いをbに設定する。
  3. void stderr_behavior(const stream_behavior& b);
    Effects: 標準エラー出力の振る舞いをbに設定する。
  4. void work_directory(const std::string& dir);
    Effects: 作業ディレクトリをdirに設定する。

context queries

  1. stream_behavior stdin_behavior() const;
    Returns: 標準入力の振る舞い
  2. stream_behavior stdout_behavior() const;
    Returns: 標準出力の振る舞い
  3. stream_behavior stderr_behavior() const;
    Returns: 標準エラー出力の振る舞い
  4. std::string work_directory() const;
    Returns: 作業ディレクトリ(未設定時は空文字列)
製作著作 © 2007, 2008 Takeshi Mouri

前のページ 上に戻る ホーム 次のページ