hamigaki.png

前のページ 上に戻る ホーム 次のページ

Class status

hamigaki::process::status —

プロセスの終了状態を保持する。

Synopsis

class status {
public:
  // types
  typedef implementation defined type;

  // static constants
  static const type exited = implementation defined;  // exit()した、またはmain()関数からreturnした
  static const type signaled = implementation defined;  // シグナルにより終了した
  static const type stopped = implementation defined;  // シグナルにより停止した
  static const type continued = implementation defined;  // シグナルにより再開した

  // construct/copy/destruct
  status();
  status(unsigned = 0);
  status(type, unsigned, bool = false);

  // queries
  type get_type() const;
  unsigned code() const;
  bool dumped_core() const;
};

Description

status construct/copy/destruct

  1. status();
    Postconditions: get_type() == inherit
  2. status(unsigned code = 0);
    Postconditions: (get_type() == exited) && (this->code() == code) && (dumped_core() == false)
  3. status(type t, unsigned code, bool core = false);
    Postconditions: (get_type() == t) && (this->code() == code) && (dumped_core() == core)

status queries

  1. type get_type() const;
    Returns: コンストラクタで設定された終了タイプ
  2. unsigned code() const;
    Returns: コンストラクタで設定された終了コードまたはシグナル番号
  3. bool dumped_core() const;
    Returns: coreファイルが作成されたかどうか
製作著作 © 2007, 2008 Takeshi Mouri

前のページ 上に戻る ホーム 次のページ